小児科医の医者冥利に尽きます(5)~最終章
 父は小児科医として、1957年(昭和32年)まで大学病院小児科講師を務め、翌年6月に参宮街道沿いに診療所を開院しました。開院後、南郊中学校や城山養護学校の初代校医を務めました。そして、長年の学校保健への功労により、2004年(平成16年)瑞宝双光章の叙勲の栄に浴しました。夫婦で皇居に参内し、天皇陛下から勲章をいただいたと嬉しそうに話していたのが今でも脳裏に浮かびます。診療所は2011年(平成23年)3月に現在地に新築移転し、これを機に父は正式に引退しました。晩年は認知症に罹患し、施設に入所したのですが、施設でも聴診器を握り(父愛用の象牙の聴診器を持っていかせました)、ほかの入所者の方々を診察しているつもりだったようです。最後まで医者としての誇り、プライドを持っていました。
最後に 千尋様にお会いして、私にとって驚くべきことが待っておりました。
な、なんと  私の名前のルーツが判明!!!!
そうです、私の名前(千晃)は千尋様から一字を取って命名されたのです。
父は千尋様のお母様とその後も年賀状のやり取りをしていたようで、その中に父が長男に千尋さんの名前の千の字を取って名付けたとあったそうです。千尋様が、今回私を探された時、千晃という名前を医院のホームページで見て、絶対この人に間違いないと確信したとおっしゃっておられました。本来なら仮名でこのお話を記載するのが良いとは思いましたが、このことがありましたので、千尋様のご了解を得て、実名で記載させていただきました。
今回こういう奇跡的な出会いがあったことに千尋様と亡き父に感謝しています。また、若き日の父の思いを目の当りにして、感慨深く、医師としての思いを新たにしてくれました。少しでも長く地域医療に貢献できるよう、微力ではありますが、頑張りたいと思っています。
2018-03-12
 
小児科医の医者冥利に尽きます(4)~新聞記事
千尋様から見せていただいた父の返信封筒に手紙のほかに一緒に入っていたものがあります。昭和28年元日付の父から○○様ご家族への新年の祝賀の電報と新聞の囲み記事の切り抜きが入っておりました。
父からの電文は『アケマシテオメデトウゴザイマス コトシコソサイリョウノトシデアリマスヨウニ』でした。今年はとか今年もではなく、今年こそという部分に父の思いが込めれれている気がします。
新聞の囲み記事は千尋様のお母様が切り抜かれて保存されていたものと思われます。新聞記事からの抜粋です。
『さる8月葉山に子供を連れて海水浴へ行った際、4歳の男の子が急に発熱した。医者の話では日本脳炎かもしれないというので、夕方急ぎ帰京することにした。逗子で乗車してから私たちの様子を見た車掌さんが、手ぬぐいを水で濡らしてくれたりと面倒を見てくれた。そのうち容体が急変し、ヒキツケ始めた。車掌さんは手遅れになるといけないので次の戸塚駅で手配をしておくからすぐ下車したほうがいいと、駅に連絡してすぐ近所の病院へ行くことができた。診断は急性エキリ、一刻を争うのでそのまま入院やっと退院できました。あの時そのまま品川まで乗車していたらおそらく手遅れになっていたでしょう。ありがとうございました。』
この投稿に新聞社が裏付け調査の記事を載せています。新聞社の調査で8月9日の車掌報告書にも載っており、本人に取材をして、子供は唇は紫色で体はけいれんして重体だ。間に合わないといけない。次の戸塚には近くに共立病院があるので、手配して、下車をさせた。その子供さんも救命されたそうです。国鉄が発足したのが、1949年(昭和24年)でこの車掌さんにとっては国鉄に入社後11年目の出来事なので、この投稿と後追い取材は1960年(昭和35年)であったと思われます。千尋様のお母さんはたまたま見たこの記事がわが子そっくりであったため、わざわざ切り抜かれて、父の返信の手紙と一緒に大切に保管されていたようです。我が子の病気から8年も経っていますのに、同じ病気、転機の記事に涙ぐみ、感銘されたと思います。なんと深い母の愛情でしょうか。頭の下がる思いです。
次の更新で最後になります。院長の私にとって驚くべき事実が判明しました。
2018-03-09
 
小児科医の医者冥利に尽きます(3)~手紙の続き
『私自身まだ独り身にて父に先立たれ、兄に先立たれ、老いし母のただ一人の子どもとして、皆様のお手紙、お写真を見せていただき、父母の子どもに対する愛がいかなるものかについてこんなにまでしみじみと心に映じたことはございません。私も母のために最大の幸福をもたらすべく、努力しようと感じた次第です。』

<少し捕捉します>
父は太平洋戦争において、父と兄をなくし、戦後は母と2人暮らしでした。

『皆々様から頂いた全くのご信用とそれに基づく協力は私たちを元気づけ、ご病気の治癒に及んだと思っております。病気は皆さまは治されるとお考えの方が多いのですが、医者はその協力者であるにすぎないことが多いのです。その点、私からも皆様に御礼を申し上げねばならないと存じています。』
『9月初めより隔離病舎から普通病舎に変わり、医者が青くなる季節ですのに毎日毎日各種の病気の患者さんが入院してまいります。本日も昨日も一昨日も一人ずつ世を去っていきました。務めとはいえ、実に悲しい、運命とはいえ、悔いることの多い日々です。凡人たる私には時に医者が嫌になることもございます。しかし、救える病気なら救えるという時代が来るようにただの一介の下級医師にすぎませんが、努力したいと存じております。』

1960年くらいまでは本当にたくさんの小児患者さんがなくなっていました。ほかの先生に聞いたこともありますが、白血病の患者さんが入院してもあまり方法もなく、死を待つのみの症例も多かったようです。しかし、現在三重大学小児科の専門である小児白血病は治る病気となってきています。
当時は現在と異なり、薬もあまり無く、治療器具や検査を含めて、医学も十分に発展しているとは思えませんが、現在に通ずる医師としての思い、患者さん本人を含めてご家族とともに治療していくなど医師としてのこみあげる思いが切々とつづられています。
2018-03-07